初代タイガーマスク 佐山サトル Official blog 虎の穴

メールマガジン
初代タイガーマスク 佐山サトルの情報が届く
【掣圏/リアルジャパンレター】

チケット情報
e+情報
★もう行くしかない!リアルジャパン6・7後楽園大会 全試合みどころ解説!
≫こちらか ら

★初代タイガーマスクが丸藤正道と7年3カ月ぶり一騎打ち「テーマは空中戦!
≫こちらか ら

映像を見る
初代タイガーマスク 士禅セミナー
初代タイガーマスク 士禅セミナー
無料プレゼント!
リアル不動心がわかるスペシャッルセミナーDVD
「リアル不動心がわかるスペシャッルセミナーDVD」

≫詳細・お申込はこち ら

グッズを購入する

★「佐山原理 新生武士道 真陰」
佐山原理 新生武士道 真陰

■著者:佐山サトル/著 フル・コム/編
■仕様:A5判、200頁、DVD付
■料金:2,940円(税込)
■発売:2010/2/24

初代タイガーマスク・佐山サトルが君に不動心を植えつける!!
日本人の精神はなぜ弱体化したのか。どうしたら強くなるのか。その理論だけでなく、具体的 な強化法を紹介した、佐山サトル渾身の極意書!
DVDには内環変換法、呼吸リセット法 、変性意識下の言霊導入法実演、掣圏真陰流の実演紹介などを収録。

DVDを購入する
コメント/トラックバックについて
※他者への中傷記事、当ブログにふさわしくない記事と管理者が判断した場合、誠に勝手なが ら記事削除する場合がございます。

※このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はリアル ジャパンプロレスに帰属します。
安田拡了さんが書いてくれました!【6/17興行見所】[試合情報]

嵐を呼ぶマスクマン、ブラックタイガーが初代タイガーに牙を剥いた!
リアルジャパン5周年記念大会はオールスター戦と言って過言ではない超豪華大会になった!
(構成・文:安田拡了)


初代タイガーマスクと6・17後楽園大会で対戦することになっていた4代目タイガーマスク(新日本プロレス)だが、なんと新日本の試合で頸椎を負傷してしまい、今回の対戦は延期になってしまった。いったい、どうなるのか!大会直前のアクシデントにリアルジャパンは頭を抱えた。しかし、その心配は一瞬にしてかき消された。かつて初代タイガーをラフ殺法で苦しめた“暗闇の虎”ブラックタイガーが、ここぞとばかり名乗りを上げてきたのだ。6・17後楽園のリングに悪のラフ殺法。凄まじい嵐が巻き起こる!


憎っくきブラックタイガー出現に会場が沸騰した記憶が蘇る!

<第6試合 メインイベント シングルマッチ>
“伝説の虎”初代タイガーマスク(RJPW)
 vs “暗闇の虎”ブラック・タイガー

かつて初代タイガーマスクを苦しめた筆頭といえばダイナマイト・キッドと小林邦昭だ。
しかし、嵐を呼ぶ悪のマスクマン、ブラックタイガーの名も忘れてはならないくらい記憶に残る。
最初にブラックタイガーが出現した時(1982年4月21日、大阪大会)は、新日本のしたたかさに感心したものだった。
あれは確かタイガーマスクの産みの親だった梶原一騎が「陽があれば陰があるように、正義があれば、真っ向から対決する悪者がいて当然だ」と悪者のブラックタイガーをアニメの中で産み出して、それをうけて新日本がブラックタイガーという悪のマスクマンに入るレスラーを探し出したのだ。
だから、ブラックタイガーが現実のリングの中に出現した時は、どんなにタイガーマスクが苦しめられることだろうと思いを巡らしたものだった。
いま思い起こしても、本当に当時は面白かった!とリアルタイムで取材させてもらったことに感謝する。
タイガーマスクの四次元殺法だけでもまさに劇画・アニメの世界から飛び出してきたワクワク感があったのに、さらにタイガーを叩きのめすブラックタイガー出現するとは…。
予想通り、憎っくき悪のブラックタイガーに会場は怒りの嵐で吹き荒れた。その怒りの沸騰の中で、意表を突いたラフ殺法でタイガーを攻め立てながらグイグイと追い込んでいく。当時、腹立たしい気持ちでヤジを飛ばしながら観戦していた人も多かったと思う。
タイガーは相手が真正面からガンガンくるタイプだと勢いに乗る。だからダイナマイト・キッドや小林邦昭との勝負に名勝負が多く生まれた。
このブラックタイガーもまた真正面からくるタイプだった。その意味では印象深かったわりに名勝負の評価が少ないのが不思議。しかし、その答えは簡単だ。ブラックタイガーが悪のラフ殺法を得意としていたから、名勝負の評価を与えられなかったのだ。
6・17後楽園ホール。
ブラックタイガーが初代タイガーに牙を剥いた。当時の試合が鮮烈に蘇ってきた!
当時を知る者の一人として、初代タイガー、十分気をつけてくれよ!と言葉を掛けておきたい。

なんと、“トリプルドラゴンvs長州軍”の激突!

<第5試合 セミファイナル 6人タッグマッチ>
天龍源一郎(天龍PROJECT)&藤波辰爾(ドラディション)&ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
 vs 長州 力(リキプロ)&ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)&関本大介(大日本プロレス)

プロレスというのは、ちょっと頭を切り替えるだけで、途端に夢のあるカードに変身してしまう。しかし、これほど想像をかけたてるカードが生まれるとは思いもよらなかった。
トリプルドラゴンか! 
天龍源一郎、藤波辰爾、ウルティモ・ドラゴンの3人のドラゴンがタッグを組むことになったのだ。
我々、記者がうきうきするほどなんだから、トリプルドラゴンの3人のボルテージもさぞかし・・・だろう。特にアイデア好きで新しいことを面白がる性質の天龍などは、おそらく「い〜いじゃない」と眉を下げて喜んだはずだ。
対する相手チームも納得できるメンバーだ。長州力、ザ・グレート・サスケ、そして大日本の代表格・関本大介組。
ちょうどいい機会なので、最近のプロレスに対して一言だけ言わせてもらう。
いまの日本のプロレスは技がどんどん出て確かに凄い。しかし、ちょっと待てよ、と思うのだ。技を出すのは簡単なこと。問題は大切な技を、どの場面で出すかということではないのかと。
この6人の中で比較的若いウルティモ・ドラゴンがこんなことを言っているので、参考までに書いておこう。
「いまの若いレスラーの技は軽いんです。とにかく技を出しすぎる。もっとじっくりとプロレスをすればいいのに。だけど、いろんな若手レスラーと話すと、どうやら止まっているのが怖いというんですね。動きが止まっているとシーンとするじゃないですか。お客さんが湧かないのが怖いというわけです。しかし、違うんですよね。湧かないんじゃなくて、ジッとお客さんは見ているだけなんですよ。それが分からない。シーンとなっていた分、そのあと倍ぐらいになって湧くことを知らないんです。そういうふうにして大先輩の初代タイガーマスク(佐山サトル)はプロレスをやり、決め技のジャーマンスープレックスは必ず最後で出して勝ったんです」
 そうなんです!
 もう少し言えば、我々見る側にとっても小ぜわしいプロレスを見続けていると、それを目で負うばかりで記憶に残らないのだ。
 もう一つ、言いたい。この試合、長州力は長州力であるために戦い、天龍源一郎は天龍源一郎であるために戦い、藤波辰爾もまた藤波であることを意識して戦うという凄いカードであるということなのだ。
 それだけでもこの6人タッグの競演は凄い。思いっきりプロレスの醍醐味を楽しんでもらいたい。

鈴木みのるが三冠王者の貫禄を見せつける!

<第4試合 タッグマッチ>
鈴木みのる(三冠王者/パンクラスMISSION)&スーパー・タイガー(RJPW)
vs石川雄規(バトラーツ)、長井満也(ドラディション)

 久々に鈴木みのるが、スーパー・タイガーを従えて登場する。相手はお馴染みの石川雄規、長井満也組だ。
 もちろん全員がストロングプロレスの権化で脂が乗り切っている。ことに鈴木は現在の日本のプロレス界の中心人物と言っていい。
「プロレスしている時が一番楽しい。試合がない日はつまらない」
「一瞬一瞬、大事にプロレスをしようと思っている。ああ、面白かったと言わせたい」
 ありきたりだが、鈴木が言うと非常に重く感じるのは鈴木というプロレスラーの貫禄。
 鈴木は三冠王者に返り咲いたばかり。時代が鈴木を求めているということだと思う。
 そこのところをキャリアを積んできた石川や長井がわからないわけがない。時代が鈴木を三冠王者にしたのなら、その鈴木を味わってやろうと思っているはずだ。
これまで石川は何度も鈴木と対戦してきて、鈴木に対して感情のひだひだも人一倍深い。個人的には鈴木vs石川対決が興味をそそる。
 
IJベルト初防衛戦は折原への挑発!?

<第3試合 インターナショナルジュニアヘビー級(IJ)選手権試合 シングルマッチ>
【王 者】タイガー・シャーク(RJPW) vs 【挑戦者】HIROKI(フリー)

天龍プロジェクト6・9新宿FACE大会で望月からIJ(インターナショナルジュニア)ベルトを奪取したタイガー・シャークが初防衛戦をHIROKIと行なうことになった。
「HIROKIが挑戦に名乗りをあげてきたから受けてやった。王者になっても守りの王者じゃない。積極的に攻める。もう1回、折原でもいいぞ。いまは負ける気がしない」
 いったい、タイガー・シャークは何が目的で昨年、折原を裏切ったのだろうか。
はっきりとしたものが、いまだに見えてこない。ただ前大会でアレクサンダー大塚のレジェンド・ベルトに挑戦アピールをしていたところを見ると、一人のレスラーとして王者になりたかったことは確か。そのために折原のリアルダークから離れる必要があったのかも。
「もう1回、折原でもいいぞ」と、折原の名前が口を突いて出てしまったのは、3・18後楽園での一騎打ちの敗北がいまだに屈辱として頭に残っているのだろう。
 HIROKIの挑戦を受けたのは強い王者ぶりを折原に見せつけるためと思うしかない。この試合、折原への挑発である。

新リアルダークが始動!

<第2試合 6人タッグマッチ>
アレクサンダー大塚(第3代レジェンド王者/AODC)&グラン浜田(フリー)&斎藤彰文(RJPW)
vs折原昌夫(メビウス)&ブラック・シャドー(RJPW)&ケンドーナカザキ(RJPW)

引っかき回す「リアルダーク」がケンドー・ナカザキを新メンバーに加えてスタートする。その意味でアレクサンダー大塚、グラン浜田、斎藤彰文組はふさわしい相手かもしれない。
グラン浜田に関しては、何度もリアルダークにいたぶられている過去があり、リアルダーク対決と聞いたグラン浜田のボルテージは上がる一方。
またアレクサンダー大塚は、「白いベルト(アレクの巻いているレジェンドベルト)には興味ない」と侮辱している折原に対して、王者の貫禄を見せつけたいところだ。

実力者・スーパー・ライダーが若手に“ストロングスタイル伝承マッチ”敢行!

<第1試合 シングルマッチ>
スーパー・ライダー(RJPW) vs 間下隼人(RJPW)
 5周年記念大会のオープニングを飾る第一試合は、スーパー・ライダーと若手の間下隼人との一騎打ち。前大会ではタッグ対決しており、間下はライバルの斎藤とやりあっているところを足を掬われるような形で、スーパー・ライダーに攻め込まれ、3カウントを喫した。したがって、間下の屈辱戦となる。気迫勝負だ。シューティング初代王者と噂されるスーパー・ライダーが、ストロングスタイルの真髄を若手に教える伝承マッチとなりそうだ。


 

コメント

いよいよ明日!

リアルジャパンプロレス5周年を飾るにふさわしい大会になる事を期待してます!

初代タイガーマスクのメイン、キッチリと締めてください!応援してます!
いとぞう
(2010-06-16 22:37)
手に汗握ってプロレスを見ていた子供の頃、
さらに輝きを見せてくれたのは、初代タイガーマスクでした。プロレスには、いっぱい夢があると思います。
(2010-06-18 16:30)
やっぱり最悪の試合でしたね。
高岩なんて使うからあんな試合になってしまうのですよ。
試合後のブーイングが全ての答え。
ファンの声を無視したマッチメイクは考えないとダメだとおもいます。
高岩はもう終わった選手。ブラックタイガーになれるわけありません。
試合中もずっと批判されていたのが全てです。
岩高
(2010-06-18 18:09)
今回は二頭の虎に目をみはりました。
初代?ブラック?
いえ、シャークとスーパー両タイガーマスクです。
タイガー・シャーク選手の王者の戦いぶりと、
スーパータイガー選手のひたむきさに感動しました。
特にスーパータイガー選手が長井選手をフォールした時は本当に嬉しかったです。
これからも観客を飲み込むような素晴らしい試合をお願いします。
スコーン
(2010-06-19 00:06)
ブラックタイガーに批判的な意見がありますが、それでは、4代目欠場の代わりに誰だったらよかったのでしょうか?確かに試合は満足のいく試合では無かったと思います ですが、批判ばかりでなくブラックにも声援はありました。ブラック本人も正直やりたくはなかったと思いますよ 自分は急なオファーにも快く引き受けたブラックは凄いとおもいます 

スコーンさんもおっしゃるとおり、シャーク選手とスーパータイガー選手の試合は良かったですね お二人が共に勝つ事が出来て本当に嬉しかったです

あと、斎藤選手はマイクアピールで「恥ずかしい試合をしてすいません」って言ってたけど決してそんなことは無いと思います なかなか、体が作れず悩んでいることと思いますが、斎藤選手の気合や根性は伝わってきます 鼻は折れていたそうですね 一日も早い回復を祈っています
トンコロ
(2010-06-19 01:08)
17日の試合見に行きました。私は中学生から佐山タイガーファンの40代男です。リアルジャパンや佐山さんに対しいろいろな意見があるのはわかりますが、私は今現在、佐山さんが元気でリングに上がってくださっていることに、感謝しています。
正直、試合中のどうしようもないヤジには辟易していますが、またこれもプロレスのうちなんだと自分を納得させています。
佐山タイガーの姿が見られなくなるのは嫌ですから!!佐山さんずっと応援しています。
マカマカ
(2010-06-20 10:16)
色々な意見があるようですが、僕は満足しました。時間は短かったかもしれませんが、長ければ良いというものでもないし、無駄に大技の多いカウント2・9の攻防を求めている訳でもないので。
ブラックタイガーについても、急なオファーを受けてくれて感謝しているし、よくやったと思います。
いとぞう
(2010-06-20 20:10)
応援しています。
(2010-12-28 20:47)
ファッションのようなトリーバーチ,美しい シャネル 靴,同じです。UGG ブーツUGG 販売,また、彼らは群衆の焦点となって、UGG ブーツUGG 販売あなたが冬の寒さで輝かせることができる、あなたのそれぞれは、メイめいをしている価値がある。
http://www.syuzu.com/tory-burch-purses/ tory burch 財布
http://www.syuzu.com/tory-burch-bag/ トリーバーチ トートバッグ
http://www.syuzu.com/chanel/ シャネル ブーツ
http://www.go-boots.com/ugg-kids-boots-store-15.html UGG キッズ ブーツ
http://www.go-boots.com/ugg-gloves-store-13.html UGG 手袋
http://www.go-boots.com/ugg-baby-boots-store-11.html UGG ベビ シューズ
(2011-11-14 11:05)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/153355048
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。